高尾山にハイキング!人込みが苦手な人にはおすすめできない?

こんばんは、元簿記講師です。今日は人込みが苦手な私が気分転換のため高尾山にハイキングした話です。

 人込みが苦手な人間が気分転換として紅葉の時期に行く場所でない、終わり。
 とは言っても、家族で来ておりますので途中で帰るわけにもいかず、何とか人込みを避けつつ、少しだけ楽しめたところと遭遇した失敗について記していきます。

f:id:bookkeeping-miles:20181120004117j:plain

 

11月2週目の日曜日
12時過ぎに到着!


 この時期になっても半袖で過ごすことの多い私ですが、この日は我慢して家を出るときに長袖を着て出発しましたが、駅に着いた時点で特に暑いと感じることはなく快適でした。

【失敗①】
 子供といえばトイレ!最後山に行く前に駅で行けばよいかと思ってましたが、めちゃ混みでしたので、特にお子様は早めに行かれる事をお勧め。また、山に登ってからも意外とトイレの数は多かったので小学校低学年の子供連れでも特に困ることはなかったです。

 駅から出た後、どちらに行けばよく分からなかったのだが、人の流れについて行くと最初の目的地であるケーブルカー乗り場になんとか到着する事が出来た。

 我が家には小さな子供がいるので、最初からケーブルカーで途中まで登る計画を立てておりました。

 ケーブルカー駅に到着すると、入り口は人で溢れていて乗車するまで30分待ちとの事でした。

 仕方ないので、家族全員で並んでいると本日は混雑のため乗車券は事前に購入したくださいとの事でしたので、駅に近づき身動きが取れなくなる前に誰かがまとめて購入する必要があります。
 車両の椅子は向かい合わせを1組になっており、上り下り問わずに前向きに座る事が出来るつくりになっています。
 乗車中に車内アナウンスにて、急勾配走るケーブルカーである事を紹介する場面があったのだが、進行方向と反対に座っていた私が実際に椅子を滑り落ちそうになるぐらいの急勾配でした。進行方向と反対に着席される方はお気をつけて。

 無事に駅に到着はしたが、こちらも人で溢れており歩くのも大変。何とか子供が迷子にならないように駅前の人混みは抜け山頂へと続く道に進む事が出来ました。

 【失敗②】

     急遽決まった予定であった事、比較的手軽に登る事が出来る事、途中までケーブルカーで行く予定だった事などから、あまり下調べをしていなかったため山頂を目指す道についてよく分かっていなかった。

f:id:bookkeeping-miles:20181125222019j:plain

  ケーブルカーの駅からは基本一本道だったので無事に山頂にたどり着く事は出来ましたが、それでも途中には何個か分かれ道があったので事前に地図ぐらいはしっかり確認する事をおすすめします。 
 これが途中にあった別れ道の入り口。後で確認すると、左が男坂(石段)、右が女坂(坂道)という名前で後で合流するそうです。

 

 

 そして、ひたすら道を登って行くと、行きも帰りも1ヶ所同じ場所でスマホが圏外になりました。ドコモの電波は来てましたが、UQが圏外となっていたので、AUの電波が弱いようです。その後も中々電波を捉えないので困りましたが、そんな時は一度機内モードにして再検索させましょう。

【失敗③】

    昼食については、家から弁当を持参して何処かにレジャーシートでも敷いて食べようかと思っておりましたが、私が歩いた範囲ではそんな場所は見当たりませんでした。途中に無料の休憩所があったのでそちらにて食事をすることが出来ました。持参した物を食べるとすれば、途中にある無料の休憩所または山頂ぐらいしかなさそうでした。

 

北島三郎

 山頂前の薬王院に到着。
こちらには、天狗の像、大きな石、
そして北島三郎さん関係の石碑や手形といったものが色々とあったのですがそちらには特に人だかりはありませんでした。
どうやら手形のところへ手をかざすと歌詞が書かれている歌が流れる仕掛けのようでした。手をかざしてみると大音量で曲が流れだしたので少しびっくりしてしまいました。
皆さんも手をかざす時はお気をつけて。

北島三郎
北島三郎


【薬王院到着】

 

f:id:bookkeeping-miles:20181121232555j:plain
f:id:bookkeeping-miles:20181121232603j:plain
f:id:bookkeeping-miles:20181121232916j:plain

   こちらも列に並んでお参りしたのですが、その作法について書かれた物が左の端にあったので右側に並ばれた方は要注意です。

 

f:id:bookkeeping-miles:20181121233535j:plain
f:id:bookkeeping-miles:20181121233551j:plain

 薬王院では青かった空も山頂では曇りざらに、はてなぜ?
 気温は風もあり、寒かったです。薄手のダウンコートを念のため持参しておりましたが山頂にいるときはそちらを着用しました。そんな中半袖の人もいたのにはびっくりしました。

【最大の失敗】

最大の失敗は最後に待っておりました。 

 

f:id:bookkeeping-miles:20181125220653j:plain

 これから帰ろうかと思ってケーブルカー乗り場に向かい、到着した時の様子。
 まずは、整理券を取得し、その後1時間超待った後に乗車できますとの案内を受けましたが。最大の失敗は混雑する時間に帰ったしまったことではなく、1時間待つのなら、1時間かけて歩いて山を下りようとしたことです。上の写真を撮影した16時30分を過ぎたところでしたが下りだして途中には下のような感じになってました。

 

f:id:bookkeeping-miles:20181122000102j:plain

 周りは真っ暗で、電灯もない状態。なんとかスマホのライトで回りを照らして下山しましたが坂も物凄い勾配、何もなく下山できたのは幸いでした。


 

 【お土産】

 

f:id:bookkeeping-miles:20181122000037j:plain
f:id:bookkeeping-miles:20181122000045j:plain
f:id:bookkeeping-miles:20181125225113j:plain


 あまり人が並んでるところにはいきたくなかったので、人が集まってないところで私のこれはと思ったものを買ってみました。
 ドーナツ棒は九州名物黒糖ドーナツ棒を作っている株式会社フジバンビが製造しているようなので買い!
 かりんとうは元々好きだったのと、栗の味が意外とあうので買い!
 甘納豆なんと普段は買わないのですが、試食すると疲れた体が癒されたので買い!

f:id:bookkeeping-miles:20181122000111j:plain

 最後にお土産ではないですが、往復券を買っていたので無駄になった切符がこちらです。

 

おしまい

 

スポンサーリンク