元簿記講師のプロフィール

f:id:bookkeeping-miles:20180913232151j:plain

名前:元簿記講師(コミュニケーション能力低)

数年間初心者向けの簿記3級講座及び簿記2級講座を高校生、大学生、主婦、社会人、自営業者等に教えた後、2回の転職と会社買収を1回経験し、現在は経理マンとして上場企業にて税務や決算作業を中心に就業中。

 

ささっと経歴

20数年前(2000年のチョイ前ぐらい) 

  • 理系の私大生が簿記学校に講師として就職決定
  • 全くの簿記初心者であったが、無事3か月で日商簿記検定3級に合格
  • 入社前に遠方にある自社施設に15日間の泊まり込み入社前研修(脱走者あり)にてコミュニケーション能力の低さを無事矯正

1年後

  • 初めて簿記3級講座を担当する

2年後

  • その後簿記2級講座も担当する

5年後

  • 生徒の方から実務に関する質問を受けることも多くなり、実務を全く知らないまま講師を続けることに疑問を感じ実務をするために退職
  • 簿記学校退職後直ぐに、食品会社の経理職として就業を始める。

4年後

  • 上場会社で経理を行うために食品会社を退職
  • 上場準備会社(製薬関連企業)の経理職として就業を始める。

1年後

  • 会社が無事に上場し、上場企業での経理業務を経験する。
  • 担当範囲は、日々の経理業務から決算、税務、開示までとなり多忙な日々を過ごす。
  • 管理職も経験して、人のマネージメントの難しさを嫌というほどに体験(ほんと嫌になりました)

9年後

  • 上場企業に会社が買収され、東京へ連行
  • 1部上場企業にて経理業務を始める

現在

  • これまでの経験をみなさんに伝える為、このブログは始める。

 

もうちょと詳しく経歴
  • 理系の私大生が簿記学校に講師として就職した理由
    理系の大学生であったが、不真面目であったため就職活動(実は研究者志望でした....)に乗り遅れ、なぜか簿記学校に通いだす。そこで、うちなら採用するよとの簿記の学校からの甘い誘惑に負け、応募を決意しあっさり入社決定!\(^o^)/(就職活動に疲れておりました。ところが、入社してみるとどちらかいうと黒系統で....)
  • 全くの簿記初心者であったが、無事3か月で日商簿記検定3級に合格
    これはこのブログの中で詳しく説明していきます。
  • 入社前の研修でコミュニケーション能力の低さを矯正
    内定後、よく考えるとコミュニケーション能力超低い私に講師なんてできるの?と我に返ったが、もう就職活動はしたくなかったためそのまま突き進む。そして、入社前に遠方にある施設に15日間の泊まり込み入社前研修(脱走者あり)にて矯正され、基本コミュニケーション能力の低さは変わらないのですが、教壇に立って話し出すと別人のようになるという特異体質を手に入れる。(仮面をつける感じですかね)
  • 簿記講座3級、2級担当
    内定が決まってからおよそ1年間の研修期間を経て簿記3級講座の講師としてデビューし、その後2級講座もあわせて担当することとなりました。学生から社会人、自営業の方までの幅広い層の方に講義をしておりましたが、色々な方が講座を受講されてました。会社から指示され仕方なく来られている方、酔っ払いの方(たまにです)、就職・転職を希望されている方等、本当に色々な方が学ばれておりましたが、一つ言えることは、継続して3か月弱の期間を学習できた方が試験に合格し、できなかった方は残念な結果を迎えることが多かった事ですね。
  • 実務経験がないことへのコンプレックス
    実は簿記講座の他に実務講座という謎(?)の講座も併せて担当していたのですが、みなさまご存知のとおり私には実務経験など当然ありません。内容としては伝票を作成して、帳簿へ転記する作業と、そこから税務申告書作成への流れを説明するというそこまで難しい内容ではなかったのですが、やはり「実務経験のない私が実務講座?」という気持ちが大きかったですね。その他色々ありましたが、やはり経理実務に就きたいという思いが強くなり、経理学校を退職することとなりました。
  • 食品会社の経理職に就く
    退職した次の日から次の会社へ出社し、そこで念願の経理職に就くことが出来ました(本当は少し休みを取りたかったのですが)。業務内容としては非上場の中小企業であったので、経理というよりは経理事務に近い内容でした。しかし、この経験によって私は、実務経験がありますかと聞かれたら、「はい」と答えることが出来るようになったのです。(0と1では全く違う)
  • 上場準備会社への転職
    今度は、このまま、この会社にいて経理事務の仕事を続けていて大丈夫なのかという思いが強くなり、さらに大きな会社(上場企業)で経理をやるために、上場準備を行っている会社へ転職をしました。無事上場も果たし、そこでは上場会社特有の業務(税務や開示)や採用活動、マネージメントを行って多忙な日々を過ごしていたのですが、これも上場会社の宿命なのでしょうか、会社の買収にあい、東京に移動することとなりました。
  • 1部上場企業での業務
    同じ上場企業なので基本的には業務内容は変わりませんでしたが、海外進出をしていたりしたので、そのあたりについては初めての分野となります。このタイミングで採用活動に係わる事も、マネージメントをすることも無くなり、さらに人に何かを教えたりすることもほとんど無くなってしまいました。
  • このブログを始めた理由
    最初の会社(経理学校)で、人に何かを教える事がとても楽しかったので、これまでずっと何か教えることに係わってきましたが、今回の転職(買収?)で業務として教育に係わる事がほとんどなくなってしまい、このおしえたがりの気持ちをぶつけるために、このブログを始めました。また、内容が簿記なのは私が教えられるのはこれぐらいしかないからです。

このように、全くの初心者、未経験、理系、部外者?.....で、22歳の何の知識もない男が日商簿記検定3級の合格をスタートに経理職に転職し、実務経験を積んだのち、上場会社そして1部上場会社(むりやりですが....)で経理職に就くことが出来ました。

この自らの経験を活かし、初心者でも無理なく簿記3級に合格できる内容とする事を第一の目標として、これからこのブログにて講義を行っていきます。

私は、教える事が大好きでやりがいを感じておりましたので、とりあえず今すぐ誰かに教えたいのです。

これまで、教育→食品→医薬品といろいろな業界の仕事をしてきましたが、最初に学んだ、簿記の知識はずっと役立っていると実感があります。

そこで、特に未経験だけど、経理の職に就きたいと考えている方にはまずはこの簿記検定を目指し基礎知識を資格を取得していただくことをおすすめいたします。

 

このブログ授業の進め方
  • これまでの経験を生かした、未経験・初心者の方、向けのわかりやすい内容とします。
  • 最終目標は資格取得をすることとします。
  • 検定試験受験の3か月前程度からスタートし、授業2か月、過去問題集によるトレーニングを1か月と想定しております。

 

最後に

実際に授業をやっていた時から、時間がたっており若干のブランクも感じておりますが私自身も再度、学習するつもりで市販のテキストと過去問題集を購入し準備しております。

また、私見ですが、過去に講座を行っていた時の感覚で言うと3か月間きっちりと学習されていた方については、見事合格されていたと思います。

つまり、継続して学習していただければ、初心者、未経験の方でも十分合格できる資格試験だと思いますので、是非とも一緒に頑張っていきましょう。

また、ブログ作成は全くの初心者ですので、いろいろと手間取っております。逆にこちらは、誰かに指導してほしいです。

スポンサーリンク